カテゴリ:美肌の湯( 1 )

温泉分析書

       
      
f0208344_22235780.gif
              
メール majunmajie@hotmail.com
美肌の湯 温泉分析書

f0208344_21122095.jpg

f0208344_21225498.jpg    無料入浴    県の分析機関


       大分県衛生環境研究センター 大分市高江西2-8 登録番号 大分県第1号

     浴用の適応症:

慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわ                                ばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
                  f0208344_2152120.jpg   
 飲用の適応症
糖尿病、痛風、便秘
※飲用の許可申請は受けておりません。(飲用は不可)

      浴用の禁忌症 :
皮膚・粘膜の過敏な人(特に光線過敏症の人)、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
       浴用上の注意事項
入浴中は安静にし、入浴後は休息をとる。
熱い温泉に急に入るとめまいを起こすことがあるので十分注意すること。
入浴時間は、はじめ3~10分が良い。
最初の数日間は、入浴回数を1日1回とし、その後は1日2~3回までとする。
                  入浴をはじめて3~7日後に「湯あたり」が現れることがある。そのときは1~2日休浴して再び入浴をつづける。
                  温泉治療に必要な期間は、2~3週間である。
                  原則として、次の疾患の者は高温浴(42度以上)を禁忌とする。
f0208344_21575889.jpg
(高度の動脈硬化症、高血圧症、心臓病)
入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さないこと。
(湯ただれを起こしやすい人は入浴後、真水で身体を洗うか、ふき取る)
食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
飲酒しての入浴は特に注意すること。f0208344_22251710.jpg

     
                    入浴時間AM11:00~PM6:00                       
                    別府市小倉2組の2
                  

f0208344_0322742.gif

[PR]
by bihadanoyu | 2009-04-17 22:42 | 美肌の湯